内臓脂肪を燃焼するダイエット方法

内臓脂肪を燃焼させるダイエット方法を紹介

内臓脂肪,燃焼,ダイエット,方法,くびれ,違い,ウエスト

 

内臓脂肪を燃焼させるダイエット方法を紹介してみます。是非参考にしてみて下さい^^

内臓脂肪を燃焼させるウォーキングダイエット

内臓脂肪,燃焼,ダイエット,方法,くびれ,違い,ウエスト

 

内臓脂肪を落とすには、有酸素運動であるウォーキングを行うと効果的です。ウォーキングを始めてから20分から30分くらい経ってから、脂肪は燃焼されていきます。このため、最低でも20分以上は続けないと効果が出ないです。例えばウォーキングを朝昼晩と10分ずつ行うと合計で30分になり、連続して行わなくても十分効果が出ます。

 

時間がなくて出来ない人は、1日の生活の中でこまめにウォーキングを摂り入れると良いです。一駅余計にあるいたり、エスカレーターを辞めて階段を使って登ったり少しだけ遠回りをしたりします。最近ではスマホのアプリで万歩計があるので、ダウンロードする事が出来ます。

 

毎日8千から1万歩を目安に歩くと、毎日60分ウォーキングを行っているのと同じ効果が得られます。60分で、消費カロリーは190キロカロリーです。毎日ウォーキングを継続する事が、脂肪を減らすには大切な事です。最大のメリットは、ジム等に通う必要がなく誰でも手軽に行う事が出来る事です。また体への負担がかかりにくいので、健康的に痩せられます。

 

食事制限や激しい運動でも痩せる事は出来るが、その分体調を崩したりリバウンドをしやすくなります。ウォーキングを日常生活に取り込めば、運動を行っている意識をほとんど感じずに行えます。

内臓脂肪を燃焼させるスロージョッギングダイエット

内臓脂肪,燃焼,ダイエット,方法,くびれ,違い,ウエスト

 

スロージョギングダイエットは、ゆっくりとジョギングを行うだけのダイエットではありません。普段自分が歩く歩幅の半分くらいの歩幅をポンポンとリズム良く、左足が地面に付いたら直ぐに右足で右足が付いたら直ぐに左足と言うように飛び跳ねるようにジョギングを行います。

 

長時間ジョギングを行わなくても、短時間短期間でダイエット効果が出ます。疲れたらウォーキングにも出来るので、女性にとても合うダイエット方法です。効果は体重が減るだけではなく、歳を取るにつれて腰や膝を痛める人が多いです。加齢だけではなく、痩せようとして突然長時間走り込んだり無理な筋トレを行っても腰や膝を痛める事があります。

 

腰や膝に負担がかかりにくく、足や腰等に筋肉が付いて痛みを改善する効果があります。お腹周りの脂肪も燃焼されていくので、理想のメリハリのあるボディを形成する事が出来ます。ダイエットの面でも、2週間で4キロ痩せた人もいるのでダイエット効果はもちろん期待出来ます。

 

やり方は背筋をピンと伸ばして、肘を動かす事で上半身にもダイエット効果が得られます。小刻みにジョギングを行うが、この時に地面に足を着地する時に踵から着地しないでつま先で特に指の付け根から地面に着地します。これはつま先で立っていると、膝に負担がかかりにくいためです。

踏み台昇降運動は内臓脂肪燃焼に効果的?

内臓脂肪,燃焼,ダイエット,方法,くびれ,違い,ウエスト

 

踏み台昇降運動は、脂肪を燃焼出来る有酸素運動です。有酸素運動であるので、酸素を多く使用する運動の1つです。有酸素運動はエネルギーとして使うため、脂肪燃焼に効果のある運動です。踏み台昇降運動は、ウォーキングやジョギングと同じように呼吸をして多くの酸素を取り入れながら行う有酸素運動になります。

 

踏み台昇降運動は台に昇り降りをする事で、太ももとお尻とふくらはぎの筋肉が鍛えられます。下半身の筋肉を鍛えると、血流と基礎代謝のアップに繋がります。代謝が上がると何もしていなくても消費する消費カロリーが増えて、自然と痩せやすい身体になる事が出来ます。

 

ダイエットに繋がらなくても、代謝が高い体質に改善され痩せていく流れが作り出せます。踏み台昇降運動は最低でも1か月は行う必要があり、成功者の多くは3か月から10か月は継続して行っています。体重が落ちる目安は、1日40分行って1か月続けると2から3キロはダイエットになる人が多いです。

 

リバウンドをしないダイエットの目安としては、1か月で体重の5%と言われています。踏み台昇降運動を効果的にやるには、高さが5から30センチの台を用意して初めは低めから行い、少しずつ高くしていきます。腕はしっかりと振り、姿勢は真っ直ぐで太ももは真上に上げましょう。

くびれができる人とできない人の違い!

内臓脂肪,燃焼,ダイエット,方法,くびれ,違い,ウエスト

 

くびれができる人とできない人の違いは、肋骨と骨盤が深く関わっていて、2つの距離があるかないかの違いです。遺伝的等の先天的理由である事もあるが、日常生活のクセ等の後天的な事が影響している事もあります。生まれつき肋骨と骨盤の距離が離れている人はくびれが出来やすく、ウエスト部分に手を置いて肋骨と骨盤の間に骨が当たらないスペースがありそこに指が何本入るかでくびれが出来やすいか分かります。

 

4本程度入ると、くびれが出来やすい体型です。遺伝的に身長が高く胴が長く、肋骨が上側に付いていたり骨盤が下めに付いている等の人は比較的くびれが出来やすいです。生まれつきに関係なく日常生活のクセ等の後天的な理由の場合は、寸胴体型になってしまう可能性があります。

 

例えば猫背で姿勢が悪かったりデスクワーク等で座っている時間が長かったり、ウエストゴム等のお腹が楽な洋服を多く着る場合です。普段からお腹周りの筋肉をきちんと使わなかったり、お腹に緊張感を持たなかったりするとこのような変化が出てきます。

 

お腹周りの筋肉が衰えて、肋骨と骨盤の本来の位置よりも近づいてしまいくびれが出来にくくなります。お腹周りの筋力が低下しても、寸胴体型になってしまいます。

バンビウォーターゴールドスリミングジェルのご購入はこちら!トップページへお腹にくびれが欲しい方、凸凹のセルライトを解消したい方は、トップページのバンビウォーターゴールドスリミングジェルの詳細も確認してみてください。